【シンガポール】ミシュラン2つ星のモダンフレンチODETTE

【シンガポール】ミシュラン2つ星のモダンフレンチODETTE

こんにちは、じぇいです!

 

先日、シンガポールにあるレストランにて、不思議な体験をしてきました。

 

ODETTE

訪れたのは、モダンフレンチレストランODETTE(オデット)です。

 

場所は、ナショナルギャラリーの一階にあります。

 

 

友人が予約をしてくれたので、どういった料理なのか、何も情報がないまま、向かいました。

そして、レストランの扉を開けた瞬間、

お店の人の丁寧さに感激し、

レストランの雰囲気に一気に酔いしれました。

実はODETTEは、

2018アジアのベストレストラン50で5位に選ばれ、

ミシュランでは2つ星を獲得しています。

予約のなかなか取れない大人気のお店です。

 

さすがナショナルギャラリーの中にあるだけあって、

内装は白を基調とする、すっきりとしたデザインで、

天井から吊り下げられているオブジェが印象的でした。

 

シェフ兼オーナーはフランス出身の、ジュリアン・ロイヤー氏。

ANAインターコンチネンタルホテル東京の日本料理「雲海」とコラボレーションしたことがある人気絶大のシェフです。

 

 

 

友人を待ちながら、メニューを見ました。

人生史上最高級のお値段に、目を疑いました・・・(笑)

お一人様税込み2万円なり。

しかも、ランチのコース料理ですよ、奥さん。

 

コース料理6品か4品か選べたので、4品にしようと思っていました。

友人が到着し、6品にするというので、私もベジタリアンの6品にすることにしました。

・・・生きている間に一度くらいいいか(笑)

 

 

 

Grignotages

フランス語で、間食、おやつという意味です。

 

味の説明は複雑すぎてできないので、目でお楽しみください(笑)

左上から、アボカドとゆで卵を混ぜたもの、

真ん中、ポテトチップスとトマト

右上、忘れました(笑)

 

茶碗蒸しのようなものに、

マッシュルームティーを目の前で注いでくれました。

マッシュルームのブリオッシュと一緒に頂きました。

きのこの出汁が効いていました。

 

コース料理では、ところどころ、

観賞用として目の前に食材を置いてくれます。

こちらは、マッシュルームティーです。

 

パン。木のお皿がまたおしゃれでした。

料理のお皿がどれもかわいいんです。

 

 

 

CHARRED AVOCADO

Charredとは黒焦げの、という意味。

でも焦げたアボカドなんてなかったような・・・。

ゼリー状のつるつるの食感がよかったです。

 

グラニ―スミス(りんごの品種)とセロリ

バドゥ―ヴァン(香辛料)

カフィアライムオイル

が材料です。

 

 

 

HEIRLOOM BEETROOT VARIATION

HEIRLOOM=家宝、BEETROOT=赤ビーツです。

ビーツが、そのままだったり、ゼリーだったり、シャーベットだったり、マカロンだったり、

様々な食感で楽しめました。

 

塩で焼いた赤ビーツ

ストラッチャテッラ(イタリアのフレッシュチーズ)

はちみつ

が使われています。

 

 

 

ROSEMARY SMOKED ORGANIC EGG

玉手箱のような、ドライアイスの煙と共にやってきました。

 

半熟卵をメレンゲ状のスープにぽとっと落としてくれました。

じゃがいも、蕎麦の実

が材料です。

 

 

まだまだ続きます!!

 

 

 

 

CHATAIGNERAIE

フランス語で栗を意味します。

 

アルデシュ産の栗

パースニップ(ニンジンに似た根菜)

アンズタケ(きのこ)

が使われています。

 

 

 

 

ARTICHOKE TORTELLINI

ARTICHOKE= チョウセンアザミ(若いつぼみを食べます)

TORTELLINI=トルテッリーニ(ラビオリのようなパスタ)

 

ブロッチュチーズ(羊やヤギの乳のチーズ)

ナッツ

ピスタチオオイル

が使われています。

 

 

 

 

YUZU TART

ゆずタルトです。

サブレ、紫蘇、バジルが使われています。

 

 

 

 

Douceurs

フランス語でお菓子という意味です。

またまた斬新なデザインのデザートです。

生キャラメルが一番おいしかったな。

 

 

 

クリスマスプレゼント

クリスマスなので、去り際にチョコチップマフィンを手土産として頂きました。

外はサクサク、中はふわってしていてこれもまた美味!!

 

舌と視覚がフル活動、おしゃべりも相まって、結局4時間もお食事をしていました(笑)

 

一つ一つのお料理の量は小さいので、お腹いっぱいにはならなかったですが、

お味はもちろん、盛り付けやお料理の提供の仕方、レストランの雰囲気でお腹いっぱいになりました。

 

2万円ですが、テーマパークに入場したと思って、

異空間の体験だと思うと、高くはないのかもしれません。

 

と言いつつ、な、なんと、お会計はバリキャリの女友達がおごってくれました!!

ごちになります!!!あざーす!!

 

ODETTEの詳細はこちら

 

 



 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

いいなと思ったら下のバナーをぽちっと押してくれたらめちゃくちゃ喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ

 

シンガポールカテゴリの最新記事