私は人生を変えたかった④

私は人生を変えたかった④

こんにちは!

 

じぇいです。

 

私は人生を変えたかった①

私は人生を変えたかった②

私は人生を変えたかった③

 

の続きです。

 

 

 

 

 

==============================================

しばらくして、クリスチャンの友人から

 

タイの孤児院に行かないかという

 

お誘いを受けた。

 

二つ返事で行くと答えた。

 

 

 

 

二年間、年に二、三回通い、

 

ホテルのアメニティ、お菓子、いらない服などをもっていた。

 

生活費や医療費を寄付した。

 

みんなでキャンプをし、

 

クリスマスパーティーを開いた。

 

童心に帰って、めちゃくちゃ楽しんだ。

 

子どもたちの親はエイズで亡くなってしまった人もいるが、

 

大半は、母親に新しい父親ができて、新しい子供ができたので、

 

前の旦那さんの子供たちを育てることができない(育てたくない)ので

 

孤児院にきたという経緯だった。

 

本当は両親がいるのに、小学生から親と住めない。

 

どんだけ親が無責任であろうとも、子供は親と住みたいはず。

 

でも、私はその願いを叶えてあげられることはできない。

 

かわいそうな人を助けたいだなんて、おこがましいにも程があった。

 

 

 

私はたくさんの見えないものをもらった。

 

現地では、クリスチャンのタイ人やアメリカ人の大人たちが

 

こどもたちの面倒をみていた。

 

子供たちでも年上はしっかりと年下の面倒を見て、

 

支え合っていきていた。

 

絆や愛ってこういうものなんだろうなと思った。

 

そもそも、かわいそうな人では全然なかった。

 

日本の子どもたちよりもやはり、素直で、明るくて、元気で、幸せそうだ。

 

 

 

 

みんなタイ語しか話せないのだが、

 

ある女の子が教会の礼拝のときに、

 

空を指差し、手でハートをつくり、私を指さした。

 

GOD LOVES YOU.

 

神様はあなたのことを愛しています。

 

私はその時、神様っているのかも、と思った。

 

続きます

 

プロフィールカテゴリの最新記事