【クロアチアへ一人旅①】世界遺産ドゥブロヴニクの旧市街

【クロアチアへ一人旅①】世界遺産ドゥブロヴニクの旧市街

こんにちは、じぇいです。

前回の続きです。

【チェコへ一人旅⑥最終話】チェスキー・クルムロフ城内とかわいい建物たち

こんにちは、じぇいです。 前回の続きです。 【チェコへ一人旅⑤】チェスキークルムロフ城の塔からの眺めは絶景でした チェスキークルムロフ城の塔にのぼり、おとぎの国へタイムスリップしたあとは、 城内の散策へと戻ります。 &nbsp

 

 

チェコのプラハ空港からクロアチアの首都ザグレブ経由でドゥブロヴニクへ向かいます。

ドゥブロヴニクは魔女の宅急便の舞台になったと言われるクロアチアのアドリア海沿岸の街です。

旧市街は、世界遺産に登録され、

その美しい町並みからアドリア海の真珠と言われています。

 

イギリスの劇作家、ジョージ・バーナード・ショーは、1929年にドゥブロヴニクを訪れ、

「この世の天国が見たければ、ドゥブロヴニクに行かれよ。」と言ったそうです。

 

 

プラハからザグレブ、ザグレブからドゥブロヴニクともクロアチア航空を利用し、どちらもプロペラ機でした。

 

CAの制服はクロアチア国旗の青、スカーフが赤だったと思います。

 

美味しかったオリーブオイルとレモン味のクッキー。

ドゥブロヴニクはオリーブオイルが有名みたいですね。

 

きれいなアドリア海にテンションが上がります。

 

屋根が見えてきた!

 

空港からシャトルバスで、海岸沿いをひたすら走り、ホテルのある旧市街へ向かいます。

 

旧市街へ到着。

この急な階段をスーツケースを持って上りました…

 

ホテルにチェックイン後は、旧市街の町並みを散策しました。

 

かなり観光地化がされていて、レストラン、お土産屋さんがたくさんあります。

この急な階段。台湾の九份を思い出させます。

 

ルジャ広場。プラッツァ通りの東端にある広場です。

 

ルジャ広場の1444年に完成した鐘の塔です。

高さは31メートル。鐘は30分毎に鳴ります。

 

ゴシック、ルネサンス、バロックが調和する旧総督邸

1358年、クロアチア以前の都市国家ラグーサ共和国時代の総督の住まい。

住居と同時に、執務室、裁判所、評議会、行政府などが置かれた政治の中枢でした。

 

旧市街西のピレ門と東のルジャ広場を結ぶ全長298メートルのメインストリート、プラッツァ通りです。

ここは常に混んでいました。

 

 

夕食を頂きます。

ローズレモネードとたこのマリネ。

合計で2500円くらいしたけど高すぎへんか!

しかもたこのマリネは前菜やで!

そう、ドゥブロヴニクの物価はとても高いんです。

 

面白い顔の犬。

 

ジジ発見!

 

明かりがポツポツと付き始めます。

 

明日の城壁からの景色が楽しみです。

 

 

ピレ門近くからプラッツァ通りをパシャリ。

奥に鐘の塔が見えます。

 

オノフリオの大噴水。ピレ門からすぐ近くです。

天然水が湧き出ています。

噴水と言うより、水飲み場です。

 

プラッツァ通りから一本離れた通りにある、セルビア正教会

外は猫のたまり場のようです。

 

明日は城壁に上ります!!

 

【クロアチアへ一人旅②】ドゥブロヴニクの海はまさにキラキラの真珠でした

こんにちは、じぇいです。 前回の続きです。 http://jay41.site/dubrovnik1/ 今日は、城壁を歩きたいと思います。 空いていて、気温も高くない朝がおすすめらしいので、 城壁がオープンしてからすぐに行くこ


 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

いいなと思ったら下のバナーをぽちっと押してくれたらうれしいです♪



私が旅行の時にいつも使っているサイトです。

ホテルの予約のときは200以上のサイトから最安値を比べられます。

また、観光地やレストランの口コミもいつも参考にしています。

 

クロアチアカテゴリの最新記事