【乳がん】30歳になったら知っておきたいこと

【乳がん】30歳になったら知っておきたいこと

こんにちは、じぇい(@jay414141)です!

 

30代に入ったら、乳がん検診、子宮頸がん検診は受けましょう。

ゼッタイゼッタイゼッタイ!!

 

 

日本人女性の11人に1人が乳がんにかかっています。

私は去年の初め乳がんの定期検診に行きました。

お医者さんに触診で小さなしこりを発見してもらいました。

自分で触って分からない、1cmくらいのしこりでした。

針を刺して細胞をとった結果、良性で悪くなることはないと言われました。

 

しかし去年の終わり頃に、

自分で触っていてしこりを感じたのでまた病院に行きました。

(前回と違う病院)

マンモグラフィーとエコーで検査し、2cmくらいにしこりが大きくなっていると言われました。

良性だと聞いていたし、一年も経ってないのに、

なんでこんなに大きくなったのか不安でたまらなくなりました。

実は、良性でも将来悪性になる可能性を秘めている葉状腫瘍という種類もあるそうです!

 

前の病院では、そういう話を聞いていなかったのでますます不安になりました。

また針で細胞を取った結果、良性でい続ける線維腺腫であることが判明し、

ほっと一安心しました。

 

なぜしこりが大きくなったかというと、女性ホルモンの関係ではないかということでした。

 

30歳から64歳までの死亡原因のトップが乳がん

今回、何事もなくて本当に良かったのですが、

これが本当に乳がんだと知ると、ストレスや不安は計り知りえないと思いました。

 

セルフチェックをしたり、定期的に乳腺専門医に診てもらい、

早期発見をするれば90%以上の人が治る病気です。

(セルフチェックの仕方はこちら

 

何もないことを安心するためにも、

年に一度は乳がん検診(子宮頸がん検診も!)を受けることをおすすめします。

 

ちなみに、2回目の診察は、

成田の公津の杜メディカルクリニックを利用しました。

乳腺専門医もいますし、最後まで丁寧に説明してくれて安心できました。

女性専用の待合室もきれいでした!

 

 

 

 



 

 

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

いいなと思ったら下のバナーをぽちっと押してくれたらめちゃくちゃ喜びます。

人気ブログランキング

 

 

 

健康・美容カテゴリの最新記事